2008年11月24日

デリバリースタッフ

デリバリーと言えばピザの配達が有名ですね。
デリバリーという言葉には本来
配達や配送という意味がありますが
ここでは新聞や荷物の配達ではなく
宅配ピザなどのデリバリースタッフを中心に
アルバイトのおいしさを解説します。

宅配ピザの他にも弁当のデリバリーなどがありますが、
ある程度大手のデリバリーチェーンであれば同じようにおいしいアルバイトです。

まず、デリバリースタッフは仕事を始めやすいという特徴があります。
原動機付き自転車の免許(原付免許)さえ持っていれば誰でも応募することができ
実際、高校生や大学生だけでなく中高年までいろいろなスタッフが働いています。

勤務シフトもほかの業種と比べて非常に自由です。
週1日からOKの募集も多く、土日のみなどの希望も聞いてもらえます。

時給はさほど高くはないですが決して安くはありません。
特に土日は忙しいので時給が高く設定されている場合がほとんどです。
土日の時給は他のアルバイトよりもかなりおいしい金額と言えるでしょう。


そしてご想像の通り飲食店の醍醐味まかないも期待できます。
宅配ピザのデリバリーならピザしか食べられませんが
ピークの時間が過ぎた頃スタッフみんなの希望で好きなピザを焼いたりします。
このような時間の和やかな雰囲気はデリバリーの仕事ならではの楽しさがあります。

デリバリーの店舗にはお客様が来店することはほとんどなく、
スタッフだけで伸び伸びと楽しく働いています。
もちろんある程度の雑談もできますし、
まかないの時間ともなればピザパーティーのような盛り上がりになります。

これもデリバリーの仕事ならではの役得ですが
お客様からチップをもらえることがあります。
しかし期待しすぎてはいけません。
日本人にはチップを渡す習慣がありませんのでチップはほとんど期待できないでしょう。
チップがもらえるとしたら外国人のお客さまに配達した時の
『おつりは結構です。』というパターンです。
実際にチップを受け取るチャンスは少ないかもしれませんが
やはりチップをもらった時には得した気分になれます。
チップは会社ではなく配達してくれたスタッフに対して渡されるものですので
当然、堂々と自分のポケットにしまってください。

配達先は豪華な高級マンションだったり
芸能人の自宅だったり。
デリバリーのアルバイトは楽しくておいしい仕事です。
興味があったらぜひ経験してみてください。


デリバリーの仕事に不安もあるかもしれませんが心配する必要はありません。

まずは配達エリア。
焼きたてのピザや作りたての弁当を届けるために
配達エリアは意外に狭く
最も遠い家に配達に行っても10分もあれば着いてしまうほどです。
配達の方面によって使う道も決まっていて道に迷うことはありません。

雨が降った場合ですが屋根つきのバイクもありますし
そもそもカッパやウィンドブレーカーなどが用意されていて
店では雨に対しても万全の準備をしてくれています。
濡れた路面でのスリップなどにさえ注意していれば
雨が降ってもさほど苦にはならないでしょう。

昔は、
30分以内に配達できないと料金は無料になり
その分の金額は給料から引かれる、
等の情報を信じている人もいましたが
このようなことは全くありません。
くれぐれも、あわてることなく安全運転で配達してください。

最後に、
お金の管理だけは慎重に行ってください。
デリバリースタッフはそれぞれが個別に売り上げを管理します。
つまり過不足金が出れば全てそのスタッフの責任となり
これは自腹で調節しなければならない場合もあります。
幸い一日に配達する件数は
コンビニなどで接客する人数などとは比べ物にならないくらい少ないので
注意していれば金額が足りなくなったりすることはないはずです。
posted by アルバイト at 01:11| Comment(2) | 楽しいアルバイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。