2013年12月03日

治験のアルバイト

治験とは

治験とは医薬品や医療機器の製造販売に関して薬事法上の承認を得るために必ず必要となるステップで、
新しく開発している医薬品や医療機器の有効性と安全性を確認するために行われる臨床試験です。

治験の内容

臨床試験は全て人間を対象とする実験です。
治験アルバイトは病院や医療機関の指示通り行動する事になります。
とはいってもほとんどの場合は何もしないでいわゆる「されるばまま」になっていればよい状態です。
ただし治験アルバイトは指示通りの通院や食事回数または内容の制限、検査の時間などの制限を受けるのは避けられません。
中には在宅でできる治験もありますが数日間通院、場合によっては入院が必要となるので事前の確認が必要です。
報酬に関しては数千円の場合もあれば数十万円を得られる場合もあり、生活の制限などで大きく異なります。

治験の募集

治験アルバイト募集しているのは製薬会社や病院などです。
治験の仕事が募集される場合、アルバイトとして募集するのは好ましくないと言う理由から「ボランティア」と言う名目で募集されることが多いようです。
また支払われるお金も給料としてではなく「謝礼」「協力金」「負担軽減費」と表現されたりします。
治験仕事珍しいアルバイトと思われがちですが実は治験募集は数多くあり、治験募集を専門としているサイトもあります。
治験アルバイトの場合、通院や入院などの都合から自宅の住所が重要な条件となるため
インターネットで募集を探す場合、「治験 アルバイト 東京」や「治験 アルバイト 大阪」など自分の住んでいる都道府県をキーワードとして検索するのがコツです。
インターネット以外で治験のアルバイトを探す場合病院や大学に足を運ぶとよいでしょう。
病院内や大学内の掲示板などに治験募集が貼り出されている事があります。
治験応募すると採用される前に検査を受ける事になりますが、健康であることが第一条件となる場合や逆に高血圧などの症状を持っていることが条件になる場合もあるので自分が該当するか事前に良く確認しましょう。

治験のリスクと安全性

薬局で購入できる薬や医療器具、病院で使用される様々な医薬品および医療機器は全て安全性が確認されたものばかりです。その安全性を保証するためのいわば前段階として行われる治験に対しては確かに不安があるかもしれません。医薬品として販売することのできる承認を得ていない段階である以上リスクがあると言っても過言ではないかもしれません。しかし、治験を行える段階まで完成している医薬品や医療機器は既に十分に安全が確認され被験者に危険がない事が前提となっています。実際の治験では事前に試験の目的や内容について十分な説明があり医師の管理の元で安全に行われ、保障も万全です。世間でウワサされるような非人道的な実験では決してありません。治験はあくまでも安全であることを確認するためのステップであり、徹底した安全管理の元に行われるため基本的に危険はありません。

治験のアルバイト

治験アルバイトは医療の進歩に貢献できる誇らしい職業です。社会貢献できる上に報酬までもらえるおいしいアルバイト治験にぜひ参加してみてはいかがでしょうか。
posted by アルバイト at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 珍しい仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。