2012年07月01日

プールの監視員

プールの監視員のアルバイト

プールの監視員夏の定番アルバイトで別名ライフガードと呼ばれる事もあります。フィットネスクラブなどのスポーツ施設では一年を通して勤務できる通年での募集も行われていますがプールの監視員と言えばやはり夏季限定の短期アルバイトと言う認識が一般的です。
プールでのアルバイト受付(レセプション)が同時に募集されることもありますがここでは実際にプールの監視を行うアルバイトを紹介します。

プール監視員アルバイトの仕事内容

プールに出かけると脚立の上にイスが設置されたような監視台に上りプール全体に目線を送っている人がいますね。この様にプール全体に気を配り安全を守っているのがプールの監視員です。その活動範囲はプールの中だけでなくプールサイドや場合によってはロッカールームなど施設全体に及びます。そのため監視員仕事は監視台の上からプールを見守り溺れている人がいた時に飛び込むだけではありません。常にプールサイドや施設全体を巡回しルールを守っていない遊泳者に注意を促したり落し物を回収するなど事故につながる危険を未然に取り除かなければなりません。

プール監視員の募集

プール監視員アルバイトは5月中旬くらいから6月にかけて募集されることが多いようです。アルバイト情報誌などでは夏のアルバイトとして特集される事もあるのでチェックしておきましょう。
面接の際にはやる気や責任感が重視されます。泳力測定などが行われる事もありますがプールの監視員にとって最も重要なのは速く泳ぐことではありません。面接官が採用するのは泳ぎが得意な人ではなくプールを利用する人達の安全を守ろうと言う強い気持ちです。プールの監視員として貢献したいと言う姿勢をアピールしましょう。

プール監視員アルバイトの魅力・特徴

プール監視員アルバイト夏休みを効率的に利用できるのが大きな特徴です。夏になれば市営プールを初めプール設備のあるテーマパークなどで監視員募集されます。勤務したいプール募集が開始されるのをチェックしておく事もできます。採用されれば人工呼吸や心臓マッサージなど応急処置の訓練なども受けることができるためスキルアップができるのも大きな魅力です。またプール監視員アルバイトは休憩が多いことも有名です。体力面や集中力を維持するために頻繁に休憩時間が設けられていますが業務上必要な休憩なので休憩中も給料が発生します。実際に応募する際のポイントとして一般的には屋外プールよりも屋内プール民間のプールよりも公営のプールの方が恵まれた環境と言われています。特に屋外プールの場合は日焼け対策は必須です。ただし直射日光を長時間浴びることになるのである程度の日焼けは覚悟しなくてはいけません。逆に日焼けしたい人にとっては最高の環境かもしれません。
また、日本赤十字社が行う水上安全法の講習を修了すれば時給がアップされる場合もあるので可能であれば積極的に受講すると良いでしょう。

夏休みはプールの監視員のアルバイト

プールの監視員アルバイトは人の命と安全を守る大切な仕事です。経験者はこの仕事に責任感を感じ充実したアルバイト生活を送っています。また全員で事故を防ぐと言う一体感から短期間アルバイトにもかかわらず夏が終わりアルバイト期間が終了する頃には親しい友人関係に発展している事も。
達成感や充実感を得ることができる有意義なアルバイトプールの監視員》ぜひ体験してみてください。
posted by アルバイト at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 短期アルバイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。