2012年04月30日

アフィリエイト

アフィリエイトとは

「提携する」と言う意味の英単語「affiliate」からアフィリエイトと呼ばれていますが、アフィリエイトとは自分のホームページブログに企業の広告を掲載し、その広告を通じてお客さんを誘導することで成果に応じて報酬を受け取れるシステムを指します。
アフィリエイトは1996年にインターネット小売の大手であるアメリカのアマゾン・ドット・コムが始めたのをきっかけに日本でも1999年頃から注目され現在では『誰でも簡単に始められるアルバイト』として大人気の副業となっています。
また、アフィリエイトを始めるための初期費用は特に必要なくリスクを負う必要がないのもアフィリエイト大きな魅力のひとつです。

アフィリエイトの始め方

アフィリエイト・プログラムに参加するにはまずASPアフィリエイト・サービス・プロバイダー)の会員になるのが一般的です。
ASPアフィリエイターとなる個人と通販などのネット事業を展開するECサイトを仲介することで企業は顧客を獲得し個人は報酬を受け取ることができるようになります。
入会後は自分のホームページブログに掲載したいと思う企業の広告を選ぶことができます。企業側も必要に応じてあなたのホームページ審査し問題がなければいよいよ広告をホームページに掲載します。
広告の形式はバナーリンクテキストリンクなど様々です。
自分のWebページのデザインや内容とマッチする最適な広告を選びましょう。

アフィリエイトの報酬

アフィリエイトで得られる報酬は広告経由で発生した売上高の5%〜10%が多いと言われていますが料率は広告や商品によって異なり低ければ1%と言う場合もあるし中には50%という高額な料率が支払われる場合もあります。
またアフィリエイトには、発生した売上高に応じて報酬が発生するものだけでなく訪問者が資料請求や会員登録することで報酬が発生する物や単純に企業のサイトに誘導した回数によって報酬が支払われるタイプもあります。
具体的な内容はASPによって異なりますが基本的なサービスは大差ありません。

アフィリエイトで稼ぐために

アフィリエイトで稼ぐためには、まず自分のホームページアクセスしてもらうことが第一歩となります。
アクセスアップのためには頻繁な更新を心掛けて常に最新情報を提供するなどの工夫をして魅力的なホームページ作りが不可欠です。
また、自分のホームページのテーマにあった商品を紹介することが大切です。
報酬の金額に惑わされて無関係な商品の紹介は結果につながらないので注意しましょう。
もし高額報酬の商品を紹介したければ逆にその商品のテーマにマッチするホームページを作ってしまうと言う方法もあります。
元手不要でリスクも無く簡単に始められるアフィリエイトですがお金を受け取る以上ある程度の努力が必要です。
『楽して稼げるおいしいアルバイト』というイメージもあるかもしれませんがインターネット上に無数にあるWebページの中から自分のホームページを訪問してもらうためにはそれなりの努力が必要です。
努力が報酬に結び付くまでには時間(日数)もかかるので長期的に継続していく事が出来なければアフィリエイトで稼ぐことは難しいでしょう。
1か月で数百万円も稼ぐアフィリエイターが話題になった事もあります。
努力とセンス次第では可能な金額ですが、まずは数千円から数万円の収入を目標にしてはいかがでしょうか。

ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダー)の比較

・エーハチネット(A8.net)
 http://www.a8.net/
 PC・スマートフォンに対応。日本最大級のアフィリエイトサービス。

・楽天アフィリエイト
 http://affiliate.rakuten.co.jp/
 楽天ポイントで支払われるのが大きな特徴。成果報酬の支払いは1ポイントから。

・FC2アフィリエイト
 http://affiliate.fc2.com/
 還元率は最大50%。

・バリューコマース
 https://www.valuecommerce.ne.jp/index.cfm
 Yahoo! JAPANをはじめ有名優良広告主が2000サイト以上。

・JANet(ジャネット)
 http://j-a-net.jp/
 大手企業の広告が多い。他社のASPより報酬率が高い。

・Amazon アソシエイト
 https://affiliate.amazon.co.jp/
 1,000万点以上の品揃えから好きな商品を選ぶことができる。

posted by アルバイト at 17:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 自分の都合でアルバイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。